www.anikiteam.org

就職活動がうまく行っていない人の多くが、笑顔が上手くない人です。 これは、精神的な話でもあり、技術的な話でもあります。精神的なところでは、度重なる玉砕で自分に自信をなくしていたり、もともと自分の見た目に自信がない人が、笑顔が落ち込みがちです。でも、企業が見ているのは、面接する相手の人間的な活力や展望です。話したいことを伝えるためには、見た目の笑顔が重要なわけではありません。心のなかの笑顔、心のなかの前向きさこそが大事なのです。心のなかまでもが後ろ向きになっている人は、そのネガティブが体からも発されます。だから、笑顔を上手に作れなくても、心のなかでは満面の笑みなんだぞ、という自信だけは持ちましょう。前向きな気持を持っているかどうかで、面接の合否はグンと変わってきます。 技術的な面では、笑顔を作りすぎるとかえってワザトラシイのです。面接官の話を聞く時、それも話のポイントで、笑うようにしましょう。それだけで、話に関心を示しているということがアピールできます。
Copyright © 1999 www.anikiteam.org All Rights Reserved.